ホーム > 後遺症・よくあるご症状

後遺症・よくある症状

むち打ち症

  • むち打ち症のイメージ
交通事故の主な症状に、むち打ち症があります。

むち打ち症は、正式には「外傷性頚部症候群」や、「頚部捻挫」などといいます。
車での追突事故などの際に、首や背中に衝撃がかかり、首がムチのようにしなることから生じるので、むち打ち症と呼ばれています。その怪我の度合いも、非常に軽いものから、後遺症を残すものまで様々です。

事故直後は、事故のショックや興奮状態にあることで自覚症状がなくても翌日や翌々日になって痛みなどの症状がでてくることがあります。
放置していると、いつまでも痛かったり症状が慢性化することもありますので、初期の適切な治療が大切です。

交通事故の主な症状に、むち打ち症があります。

むち打ち症は首の正常な可動範囲を超えてしまうことで、首の関節の靭帯や筋肉が傷ついて、首や背中の痛みなどが現れます。

むち打ち症の原因

車の追突などの交通事故により生じることが多いのですが、体操やスノーボードなどのスポーツによって起きることもあります。

むち打ち症の症状と分類

頚椎捻挫型

首の筋肉や靭帯などが損傷され、首、肩、背中の痛みや運動制限が起きる症状です。

神経根症状型

頚椎から出る神経が圧迫されることにより、首の痛みや頭痛、腕のしびれやだるさ、筋力低下するなどの症状です。

バレ・リュウ症候群型

後部交感神経の損傷や圧迫によって頭にいく血流が低下することで、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、眼の疲労…などが起こる症状です。

※後から症状が出てくることもあるので、まずは診断を受けることをおすすめします。

その他の交通事故の症状

「頭痛」のイメージ
「頭痛」

頭痛を訴える患者さんも多く居られます。
後頭部や頭全体、顔に痛みを感じることがあります。
むち打ちと同時に頭痛の症状を訴える患者さんが多いです。

「首、背中、腰の痛み」のイメージ
「首、背中、腰の痛み」

事故の後、受診する患者さんの多くが首に痛みを訴えられます。
衝撃が強い場合、背中の痛みも付随します。
事故直後から腰に痛みが発生することもありますが、数日後に腰に痛みを訴える場合も多々あります。

「動かない、動かない方向がある(運動制限)」のイメージ
「動かない、動かない方向がある(運動制限)」

受傷してから、首や腰、その他の関節にこの症状が出ることがあります。
多くの方は痛みの軽快と共に徐々に良くなってきます。

「筋力低下」のイメージ
「筋力低下」

交通事故による、急激な力によって神経が傷害されて筋肉に一時的に力が入らなくなってしまうこ場合があります。

「しびれ」のイメージ
「しびれ」

筋肉が硬くなってしまい、首に出入りする神経を圧迫してしまい、上腕・前腕・手指にシビレが発症してしまいます。左右どちらかが特にひどくしびれるということはありません。

「その他にも 」のイメージ
「その他にも 」

いらいらしやすい、過度に神経質になる睡眠障害、うつ状態、記憶力の低下、ボーっとする、注意障害などの症状が出ることがあります。