たいよう鍼灸整骨院のブログ

2015年9月30日 水曜日

SWも過ぎ去って。

こんばんわ。
京阪枚方公園駅から徒歩2分、たいよう鍼灸整骨院です。

さて、今年は超大型連休、シルバーウィークでしたね。
旅行や遠出をされた方、普段行けないようなスポットに行かれた方、、などなどやはり車・バイクでの移動が多かったのではないでしょうか。




当院では、あらかじめ交通事故に遭わないようススメています。
また、万が一交通事故に遭われた際は、できる限り早期に治療にあたることをよりオススメしています。

後遺症やトラブルにならないためです。


大阪府警のHPによると、今月の大阪府での交通事故の件数は約3000件
負傷者は3500人にのぼっています。
もちろん軽傷であったり、大きな被害にならなかったこともあったかと思います。

しかし、自己判断せず、事故を起こしてしまった・遭ってしまった場合は、必ず医療機関を受診し、ご自身と、いればお相手の双方の体に異常がないか検査してもらいましょう!!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
交通事故全力サポート
たいよう鍼灸整骨院
スタッフ一同、全力サポートいたします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL

2015年9月25日 金曜日

交通事故 流れ 後期

こんにちはcloud
変な天気や気温の低下、今年は「秋」を感じれるのかなぁなんて日が続く最近ですが、いかがお過ごしでしょうか。
京阪枚方公園駅から徒歩2分!たいよう鍼灸整骨院の三上です。

さて、いよいよ流れシリーズも大詰め。「後期」です。

前述のように、「自覚症状の有無に関わらず」医療機関を受診しておくことは非常に重要なのですが、今回はその後の流れやその後のトラブルになりやすいことをご紹介します。


まず。最終的な終了は【示談】です。
これは、交通事故を起こされた、自身・相手の双方が「今回この内容にて治療や修理を終了します、解決です」という意思表示です。

つまり、なにがしの金額や治療経過などを経て「ここでおしまい」とするものです。
基本的には、互いの意思によりますので、たとえば「からだが事故を起こす前の状態に戻った」や、「事故車両が元の通常走行できる状態になった」などを判断基準とし、内容決定・終了とします。

期間や金額提示など種々の内容が襲ってきますが、慌てず対処することが大切です。

この際、当院では「ひとりで決めきらないこと」を推奨しています。
これは、昨今の保険内容の厳重化や内容の変更などから、以前と変わってきていることがあるためです。

ですので、困ったときや、こんなんではなかったかな、など不明点があれば「こうだろう」とか「誰々がそういうならそうだろう」と先入観を持たず、自身の体・車両など、がきちんと納得いくカタチで追われるようにしていきましょう!!


以上、大きな「流れ」シリーズでした。

初期より、書類やあちこちに電話・連絡など面倒は多いですが、是非ご自身、お相手、もちろん車両などのためにも迷ったり困ったりしたときには専門家に相談しましょう☆

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
交通事故全力サポート
たいよう鍼灸整骨院
スタッフ一同、全力サポートいたします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL

2015年9月14日 月曜日

交通事故 流れ 中期

こんにちわ。
京阪枚方公園駅から徒歩2分、たいよう鍼灸整骨院です!!

前回に引き続き、今回も交通事故に遭われてからの流れをご紹介します。
あくまで市れや、注意点ですので、基本的にはその都度対応を聞きそれに準ずると良いかと思います。




さて前回は、不運にも事故に遭われた直後、確認したりすることを上げさせてもらいました。
中でも今回は、その後「もの(車両)」、「からだ」のどちらかに不具合があった場合(からだはない場合でも)の流れをご紹介します。

 ①自覚症状がなくても医療機関を受診する

 ②ご自身、相手の保険会社に〇〇という整形外科または整骨院に通院する、これからするということを連絡する

 ③必要な場合は医師による診断書を取得する(提出する際はコピーを取っておくとさらに〇!)



これらが通院までの簡単な流れです。
事故証明や、申請のためやはり診断書が必要ではあります。
原本は、確認できればしておきましょう。
ご自身の「痛い、違和感」などと違う、足りないときにはキチンとその旨を医師に伝えておかなくてはなりません。
のちのちのトラブルになりかねません。

実は、被害者であれ、加害者であれ書類やその取得、また申請や連絡など、面倒なことが多いのです。

だからこそきっちりやっておかないと、あとから、、では通用しない場合があります。

わからない、困った、これで合ってるのか、知人からこういうように聞いていたが、、etc。。

などいつでもご相談ください!!


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
交通事故全力サポート
たいよう鍼灸整骨院
スタッフ一同、全力サポートいたします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL

2015年9月10日 木曜日

交通事故 流れ-初期-

こんにちわ!
京阪枚方公園駅から徒歩2分、たいよう鍼灸整骨院です!!

交通事故を起こすと、そのときも、そのあとも色々面倒な確認事項が多いですよね。
そこで、改めて交通事故に遭われた時の大きな流れを再確認しておきます。




事故に遭われたら ・・

 ①負傷者の確認   (自身も含む)

 ②警察への連絡  (運転者の義務です!)

 ③証拠の保全   (ケガ、車両の損傷、相手情報)

 ④保険会社への連絡


最初はこのくらいでしょうか。
まず!大切なことは、「人」がお互い大丈夫であるか
お互い喋れる状態か、意識がはっきりしているか、などです。

その後、警察への連絡ですが、人身事故でも物損事故でも、必ず警察へ連絡しましょう。
これは、「どこもいたくないし・・。」「お互いの連絡先を交換したから・・」などではぶけることではありません。
運転免許証を持たれた方の《義務》なんです。お忘れなく。

そして、後々問題にならないよう、事故状況はできるだけ詳細に記録しておくことをオススメします。

これらの後、ご自身の保険会社様へ事故があったことを連絡しおきましょう。


といった感じで、警察の方がこられ、今後病院へ行く、整骨院に通院するなどのもっと初期の大きな流れですが、なかなか多いですよね。

困った時は、いつでも相談にのりますので、事故に遭われた時、慌てず一人で抱えずご相談ください。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
交通事故全力サポート
たいよう鍼灸整骨院
スタッフ一同、全力サポートいたします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL

2015年9月 7日 月曜日

交通事故の症状について ③

こんにちは!!
京阪枚方公園駅から徒歩2分、たいよう鍼灸整骨院です☆☆

さて、前回から少し日があいてしまいました。
今回も引き続きシリーズ「交通事故の症状について」ぱ~と③をお送りします。



ひとえに交通事故といっても、車対車、車対人、バイク対車、、etc。。。
など、状況などはさまざまです。

また、それらによって出てくる症状もまた様々です。

今回は、【捻挫】についてです。

バイクでの転倒や、後方からの追突によるむち打ち、足や手を着いても起こる捻挫。
普段の何でもない生活の中でも多いですよね。捻挫。

前回同様、大きなケガでなければ、特に気にしないことが多い捻挫。
これにはいくつか原因があります。
前回にもあげたように、気が動転していることや、関節の痛みというのはそもそも鈍い痛みである、ということが大きな要因です。

そのため、「今痛みがなくても。。」「違和感程度だから。。」でもキチンと医師に症状を伝え診察してもらいましょう。

また、徒手検査(手による外からの検査)であれば整骨院でもできます。
困った時は自身で判断せず、相談しましょう!!

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
交通事故全力サポート
たいよう鍼灸整骨院
スタッフ一同、全力サポートいたします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL