たいよう鍼灸整骨院のブログ

2014年9月29日 月曜日

漢字小話

実りの秋。「実」という字には「充実」のように中身が詰まっているという意味や、そこから変化した「真実」「現実」のきちんと存在している、「誠実」「実直」の心がこもっているという意味があります。また植物の実、冒頭の「実り」のように、みを付ける、時間をかけていい結果がでる、にもつながります。ほかにも「確実」のような、危なげがないことをあらわす場合もあります。
以前は「實」と書き、建物を財宝でいっぱいにするという意味だったとか。漢字って実におもしろいですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL

2014年9月24日 水曜日

健康情報

ジョギングの時に、脇腹が痛くなるわけ。
脾臓は、腹部の左上、脇腹のあたりにあり、必要に応じて血液の量を調整する保存庫の役割があります。
ジョギングを始めると体の中の筋肉や足が、より多くの血液を求め始めます。
すると脾臓がギュッと縮まって、保管していた血液を送り出します。その時に痛くなるのです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL

2014年9月20日 土曜日

困ったときに「共に歩む」を目指して

今年は弘法大師が四国八十八ヶ所霊場を開創して1200年の記念の年ということで、近年の自分探しやパワースポットブームも相まって、にわかにお遍路さんが増えてきたそうです。今は観光として巡るお遍路さんも多いそうですが、昔からケガや病気の平癒祈願のお遍路さんも多かったことでしょう。
四国遍路には、「同行二人」というお大師様と共に困難を乗り越えてる、という心の支えがあります。私達も皆さんがケガを直面した時に、共に歩める存在であるように日々精進してまいります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL

2014年9月12日 金曜日

健康情報

読書は脳のエクササイズ!知られざる5つの効果

読書は、ただ知識が高まるだけでなく、様々な効果をもたらします。その効果をご紹介します。

1 発想力が豊かになる 様々なジャンルの本を読むことで、想像を超えた考え方や、アイデアの引き出しが増えます。
2 脳が活性化する    本を読む時に空想することで脳が活性化し、働きが高まります。
3 文の組立や構成が上手くなる たくさんのよい文章に触れる機会が増えることで、文章力が磨かれます。
4 コミニュケーション力が高まります 人を思いやる力や、どんなことを考えているのかを理解する能力が高まり、コミニュケーション力が上がります。
5 ストレスの解消に繋がる  6分間の読書でストレスが三分の一以下になるという研究結果があるそうです。これは音楽を聞いたり、運動をしたりすることよりも高いリフレッシュ効果です。

読書の秋。普段は本を読まないという方も、読書をしてみては!
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL