たいよう鍼灸整骨院のブログ

2012年10月28日 日曜日

太りにくい食材で食欲の秋を満喫!!

美味しいものがたくさん実り、食べ過ぎが気になる季節ですdelicious
そんな食欲の秋にうれしい、太りにくい食材を紹介します。


秋に脂がのるサンマや戻りカツオ、サケなどに含まれるEPA・DHAなどは、血中コレステロールや中性脂肪を減らすほか、優先的に燃焼されるので皮下脂肪になりにくいのが特徴です。秋は肉よりを食べましょう。

キノコ
シイタケやマツタケなど、秋が旬のキノコ類は低カロリーなうえに食物繊維が豊富。食物繊維には便通改善だけでなく、脂肪や糖の吸収を遅らせる効果があります。さらに、キノコは歯ごたえがあるので、少量でも満腹感が得られます。

トウガラシ
カレーやキムチに使われるトウガラシ。トウガラシに含まれるカプサイシンは、交感神経の働きを高めるので脂肪細胞に刺激を与え、脂肪の分解を促してくれます。さらにエネルギー消費量を高めるもので、肥満予防に効果があります。トウガラシを使ったメニューを工夫してみては。

この他、栗やサツマイモなど、食感が違うものを加えて炊き込みご飯にすると、歯ごたえが変わり満腹感が得やすくなります。
食材を上手に活用して、食欲の秋を満喫しませんかhappy01
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL

2012年10月23日 火曜日

お米の保存法

買ってきたお米を袋のままおいていませんかwobbly
袋のままにしておくと、湿気で味が落ちたり虫がついてしまうことも。
購入したらすぐに、密閉容器にうつして冷暗所に保管しましょう。
お米と一緒に、防虫効果のある赤トウガラシを2,3本入れておくのがオススメですhappy01
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL

2012年10月10日 水曜日

1日の始まりはフルーツから

体には、朝は排泄、昼は摂取、夜は吸収の時間のサイクルがあるといわれていますthink
朝、ごはんやパンなどの消化に時間がかかるものを食べると、排泄より消化エネルギーが使われ、排泄がスムーズに行かなくなることがあります。
そこでオススメなのが、朝食にフルーツを好きなだけ食べるフルーツモーニング(フルモニapple
生のフルーツは消化から吸収までの時間が短く、消化にあまりエネルギーを必要としないので、排泄に十分なエネルギーが使えます。
さらに、朝は消化器官の働きが鈍っているため、吸収が早くすぐエネルギー源になるフルーツは朝食にピッタリです。
体に優しいフルモニを始めてみませんか!

フルモニのポイント

○胃の中が空っぽの状態(夕食後8時間)でフルーツだけを食べる 注意 他のものと一緒に食べないこと
○新鮮で熟したフルーツを生で食べる
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL

2012年10月 4日 木曜日

イワシ(鰯)

今が旬のイワシ。水揚げ後すぐに弱ってしまうので(弱し)と呼ばれていた事が名前の由来ですhappy01
イワシは何と言ってもカルシウムが豊富で、(泳ぐカルシウム)といわれるほど。
さらに、カルシウムの吸収を助けるビタミンDも多く含まれているので、骨粗しょう症予防に効果的です。
また、イワシは生活習慣病の予防に効果がある、EPA・DHAや、細胞の再生と成長を促すビタミンB2、肝機能を高めるタウリンも豊富で、とても栄養価の高い魚ですfish
イワシのEPA・DHAは酸化しやすいため抗酸化作用のあるビタミンC・Eと一緒に摂りましょう。レモンやサラダ油などとあえて、マリネでどうぞdelicious
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル | 記事URL