ひまわり鍼灸整骨院

2017年3月29日 水曜日

ブレーキとアクセルの踏み間違いで交通事故

こんにちは。
高槻市牧田町のひまわり鍼灸整骨院です。
まだまだ寒い日が続きますが体調にはお気を付けください。

今回は最近ニュースでも取り上げられる事が多くなっている
ブレーキとアクセルを踏み間違える事故(ペダル踏み違え事故)について書きたいと思います。
まず、ペダル踏み違え事故は年間で約7000件にのぼり、それに伴う死傷者は毎年1万人を超えています。
アクセルとブレーキを思い込み強く踏んでしまうケースでは、かなりのスピードが出ている為、他の交通事故と比べて死亡率が高くなります。
高齢者に多くみられる印象があるペダル踏み違え事故ですが、統計を出すと20~30代のドライバーにも多くみられるので年齢や運転経験に関係なく発生している事が分かります。

ペダル踏み違え事故が起こる原因は様々ですが
・運転中に少し注意をそらすような出来事
(携帯電話が鳴るなど)
・車庫入れなどのバック運転時
(後方を見ようとして体をねじった状態ではアクセルとブレーキの正しい位置を把握できない)
などがあります。

その他にもペダルを踏み間違えた時に、脳ではブレーキを踏んでいると錯覚し、運転手はパニック状態になり更にアクセルを踏み込む事があります。

ペダル踏み違え事故の対策として
①正しい運転姿勢を心がける事でペダルの位置のズレを最小限に防ぐ。
②携帯電話の使用をひかえる、マナーモードにする。
③発進時に踏み間違いは発生しやすいので発進時は慎重に。
などがあります。

1つ1つを心がける事で事故は防げるので小さな事でも気をつけるようにしましょう。

ひまわり鍼灸整骨院では交通事故による怪我の治療も行っております。
気になる事や相談したい事があれば気軽に連絡してください。
以上、ひまわり鍼灸整骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2017年3月24日 金曜日

交通事故の過失割合は誰が決める?②

交通事故の過失割合は誰が決める?②

こんにちは
高槻市牧田町にあります、ひまわり鍼灸整骨院です。

前回、過失割合は保険会社が過去の判例を探して過失割合を決めているとお話しました。
しかし、決められた過失割合は本当に妥当なものなのか?というのは、分からない方も多いのではないでしょうか?

過失割合は判例タイムズの過失割合認定基準を使って決めるのが法律的な運用です。
この基準を知っておかないと加害者側の保険会社から言いくるめられ、不利な過失割合で示談してしまう恐れがあります。


しかし、交通事故の妥当な過失割合を自分で調べる事は可能です!





民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」(判例タイムズ)という書籍があります。
この本には、最近の交通事故の訴訟における過失割合の認定傾向や事故の態様ごとに過失割合が細かく類型化されていて、特殊な事故でなければいずれかの類型に当てはめ過失割合を予想できる事ができます。

ただし、必ずしもこの過失割合の基準が適用されていないケースもありますので、素人判断で決めてしまわず、弁護士などに相談してアドバイスを求めることも必要だと思います。

何か分からないことがあれば、一度当院までご相談下さい。



〒569-0855
大阪府高槻市牧田町7‐54‐110
TEL:072-693-1146
ひまわり鍼灸整骨院
ホームページ
 http://www.okada-takatsuki.jp/


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2017年3月18日 土曜日

交通事故の過失割合は誰が決める?

交通事故の過失割合は誰が決める?


こんにちは
高槻市牧田町にあります、ひまわり鍼灸整骨院です。

交通事故後の損害賠償を決める際に、事故の責任がどちらにあるかを決める過失割合で問題になる事があります。
この過失割合は一体誰が決めているのでしょうか?





それは
保険会社が過去の判例をもとに決めています。

交通事故が起こると、まず警察がきて事故の状況を確認して事故の原因を含めて詳細な資料を作成します。
その後、警察官が事故当事者の立ち合いのもと、事故がどんな原因でおこり、どうなったかを記録する実況見分調書を作成しますが、その際に事故当事者のどちらが原因を作ってしまったのか、双方の言い分を聞き供述調書も作成するので、警察が過失割合を決めていると思われがちですが、実際は保険会社が過去の判例をもとに決めています。

警察は、加害者が被害者に損害賠償金をいくら払うかという民事には、不介入が原則になります。

保険会社から「過失割合」を伝えられケースが一般的ですが、それはよく似た事故判例を探して適用しています。
しかし、交通事故は場所や時間、車の車種や運転技術など全く同じ事例などありません。
状況によって似たような事故であっても過失割合にバラつきが場合があります。



とはいっても交通事故に遭う前には全く縁のない話なので、いきなり過失割合の話をされたら分からない場合が多い方と思われます。
保険会社から言われた過失割合が最終決定ではなく不当な場合は覆すことも不可能ではありませんので、不満や疑問点がある場合は決して妥協せず、必要ならば交通事故に強い弁護士などに相談するのも一つの解決方法だと思います。

何かお困りの際は当院に一度ご相談下さい!



〒569-0855
大阪府高槻市牧田町7‐54‐110
TEL:072-693-1146
ひまわり鍼灸整骨院
ホームページ http://www.okada-takatsuki.jp/

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2017年3月 8日 水曜日

交通事故の怪我が治るまで

こんにちは。
高槻市牧田町のひまわり鍼灸整骨院です。
そろそろ暖かい日も出てきましたが、時折寒くなる日もあります。
寒暖差が大きい季節の変わり目には体調を崩しやすいので気をつけてください。

さて、今回は交通事故で起きる怪我についてと怪我が治るまでの事を書きたいと思います。
まず交通事故で最も多い怪我は「むちうち(頸椎捻挫)です。
たとえば自動車に乗っていて停車している時に、後方から自動車に追突されてしまった時
車が前に押し出されて運転手の体も一緒に押し出されてしまいます。
しかし人間の頭は重いので、頚が胴体に引っ張られる形で動きます。
この動きによって、頚が強く捻られたり無理な動きを起こして痛めてしまいます。

むちうちの症状は肩こり、頭痛、吐き気、めまい等ですが
一般的に事故を起こしてから2,3日後に症状が出てくる時があります。
事故を起こした日には何も怪我をしていないと思っても、日が経つにつれて症状がひどくなっていく事は少なくないです。
交通事故に遭ってしまったら軽い事故でも必ず病院には行ってください。

むちうちの治療は基本的に電気治療、マッサージ、鍼灸などが良いと言われています。
無理な動きなどで固まった筋肉を和らげてあげる事が必要になるからです。
しかし治療を行っていても、なかなか症状が良くならない場合は日常生活に関係があるかもしれません。
たとえば毎日の仕事や生活で筋肉が固まるような動作や姿勢をとってしまって筋肉が回復するのを遅くしていたり
痛みが強くなるのを恐れるあまり運動を全くしなくなって筋力が低下するのも原因かもしれません。
日常生活での姿勢も見直し、適度に運動するのも怪我を治す近道と言えるでしょう。

むちうちの治療にかかる期間の目安は三ヵ月と言われています。
ひまわり鍼灸整骨院でも交通事故による怪我の治療も行っていますし、電気治療・マッサージ治療・鍼灸治療すべてが行えます。
分からない事や聞きたいことがあれば気軽に連絡してください。

以上、ひまわり鍼灸整骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2017年3月 1日 水曜日

追突事故と急ブレーキに注意!

こんにちは。
高槻市牧田町のひまわり鍼灸整骨院です。
まだまだ寒い日が続きますが、日中には気温が上がり
そろそろ春の訪れを感じてきました。
今回は考え事などをしている時に起こる追突事故について書きたいと思います。

まず交通事故全体で「自動車対自動車」は全体の80%を占めています。
種類別に見てみると「自動車対自動車」では「追突事故」が最も多いです。
さらに交通事故の3件に1件は「追突事故」です。
「追突事故」の原因で最も多いのは脇見運転によるものです。
そもそも「追突事故」とは信号待ちなどで停止または低速で前進している車の後ろから後方車が衝突する交通事故です。

車を運転しているドライバーは、前方の危険を感じたら急ブレーキをかけます。
しかし、ドライバーが危険を感じブレーキを踏むまでにおよそ1秒かかります。
もし自動車が時速60キロメートルで走っていたら、ブレーキを踏んでから車が完全に停止する距離は約37メートルです。
速度が増せば増すほど停止する距離は長くなるので危険を感知してからブレーキを踏んでも衝突してしまう危険性が高いです。

このように追突事故は集中力の低下で起こり、交通事故の中でも大きく割合を占めています。
春が近づいて社内も暖かくなり、眠気や考え事で集中力が低下しそうですが、気を引き締めて運転するようにしてください。

ひまわり鍼灸整骨院では交通事故での怪我も治療しています。
お困りの事や相談したい事があれば気軽にお電話してください。

以上、ひまわり鍼灸整骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30