ひまわり鍼灸整骨院

2016年10月19日 水曜日

車のメンテナンスは必要?

こんにちは。
高槻市牧田町のひまわり鍼灸整骨院です。
先週は秋の訪れを感じるような気候でしたが、今週になって
また気温が上がってきたので衣替えをしようか悩んでしまいます。

今回は教習所などでも習う車のメンテナンスについて書きたいと思います。
車は定期的にメンテナンスをした方が良いと聞きますが
実際に、どこをどういう風に見れば良いのか分からない人も
少なくはないと思います。

まずエンジンオイルのメンテナンスについて説明したいと思います。
メンテナンスの前にエンジンオイルの働きをまとめると
①エンジンの動きをを滑らかにする
②エンジン内の熱を吸収してピストンが溶けるのを防ぐ
③エンジン内の燃えカスやホコリを浄化
などがあります。
エンジンオイルが少なくなったり汚れてしまうと
上記の事ができなくなるので車の寿命は縮まり
オーバーヒートなどのトラブルも発生してしまいます。

次にタイヤのメンテナンスですが
タイヤに亀裂や損傷があると、パンクやバースト(破裂)の危険が高まり
磨り減ったタイヤで走行するとスリップしやすくなります。
バーストは大事故に繋がる危険性が高いので注意しましょう!
ちなみに一般的なタイヤの交換時期は3万キロと言われています。

他にもバッテリーの寿命は2年くらいなど
車のパーツには寿命が決まっている物が多いので、目安になります。

車を運転している時にブレーキを踏んだら「キーキー」や「ギーギー」と
音がする時がありますが
ブレーキパッドが磨り減って音が鳴っている可能性や単にブレーキに
ゴミが詰まっているだけかもしれないので音が鳴ったらディーラーなどで
点検に行った方が良いです。

他にも車の部品ではメンテナンスが必要な個所があるので
トラブルを防ぐために定期的な点検は必要です!

ひまわり鍼灸整骨院では、交通事故での怪我の治療も行っています。
分からない事や相談したい事があれば、お電話でも構わないので
お気軽にご相談ください。

以上、ひまわり鍼灸整骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年10月12日 水曜日

交通事故が多いのはどんな場所?

交通事故が多いのはどんな場所?

こんにちは。
高槻市牧田町にあります、ひまわり鍼灸整骨院です。


交通事故は場所や時間帯などによって発生率は変わってきます。

今回は実際にどんな場所が交通事故が多発しているのかをお話します。



まず、交通事故が発生しやすいポイントとしては大きく3つに分けられます。

それは・・・・

・交差点 

・見通しが悪い道路

・速度の出しやすい道路



以上の3つがあげられます。今回はこの交差点での事故についてお話します。



交差点では
道が重なる場所なので、信号で規制している交差点ですら、不注意や強引な運転で事故に繋がります。
また、交差点の事故のパターンは大体5つにわけられいて
・出合頭の衝突
・右左折時に他車との衝突

・右左折時に歩行者、自転車との衝突
・横断中の歩行者、自転車等との衝突
・停止、徐行した前車への追突

この5つに分けられます。

また、「黄色信号」の解釈が運転者によって解釈がまるっきり違ってきます。
一方では「黄色信号では減速してこの交差点で停車しよう」と考えているのに対して、もう一方では「こおスピードで停まると危ないから走り抜けよう」と考えています。
この様な解釈の違いよって追突事故などがおきる可能性があります。



交差点での事故を防止の為には、信号を必ず守る事、合図を早めに出す、速度の減速を十分にし、安全確認を行い、何よりお互いを思いやる気持ちが大切です。
交差点での車の走行には特に慎重な運転を心がけましょう!



〒569-0855

大阪府高槻市牧田町7-54-110

TEL:072-693-1146

ひまわり鍼灸整骨院

URL:http://www.okada-takatsuki.jp/





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年10月 5日 水曜日

事故を起こしやすい季節

こんにちは。
高槻市牧田町の、ひまわり鍼灸整骨院です。
季節も秋から冬へと変わろうとしている今日この頃ですが
交通事故も季節によって発生率が変化するのでしょうか?
今回は季節や時間帯と交通事故との関係を書きたいと思います。

まず季節や月毎に交通事故の発生率を見てみると
最も交通事故が多く起きている月は12月です。
12月は「師走」と言われるほどに忙しい月で、自動車の交通量も
1年間で最も多くなります。
交通量が多いという事は事故の件数も自然と増えてしまいます。
日照時間が短く、気温も下がって路面が凍結し始めるというのも
12月に事故が多くなる原因となっています。
ちなみに小学生の交通事故が最も多いのは5月~7月です。

続いて交通事故が起きやすい時間帯ですが
朝8時頃と夕方17時から18時までの朝と夕方が最も多いです。
通勤や帰宅する時間なので、朝は急いで注意散漫になる事が理由で
夕方は疲れなどで視認性が低下すると言われています。
朝でも夜でも運転しやすさに大きく変化は無いのですが
死亡事故の件数は夜間の方が日中より2倍も多くなるので
居眠り運転などで大きな事故に繋がっているケースが多いです。

暗くなったらライトを点けるので運転しにくい事は無いですが
視界が悪くなるのは確かな事なので、冬に日照時間が短いと
事故も起こりやすくなってきます。

多くの人は週末に事故が起こりやすいというイメージを持っていますが
統計を取ってみると週末と他の曜日で比較しても事故の件数に大きな差は無い事が分りました。

このように事故が起きやすい季節や時間帯は存在するので
自分が運転する時に、上記の季節や時間だった場合は
より一層、注意を払って運転する事が必要になります。

ひまわり鍼灸整骨院では交通事故による怪我の治療も行っています。
分らないことがあれば、お気軽にご相談ください。

以上、ひまわり鍼灸整骨院でした。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30