ひまわり鍼灸整骨院

2016年9月28日 水曜日

もし台風で折れた枝が車にあたりキズがついてしまったら?

もし台風で折れた枝が車にあたりキズがついてしまったら?

こんにちは。
高槻市牧田町にあります、ひまわり鍼灸整骨院です。

先日、台風によって多くの被害をだした台風。
激しい雨や風によって看板などが倒れたり急に物が飛んでくることも・・・・

今回はもし木の枝が飛んできて車にキズがついてしまったらどうなるのか?をお話します。




木の枝が飛んできて車に大きなキズが付いてしまった場合
樹木の植栽、または支持の瑕疵(かし)があれば、樹木の所有者・管理者に請求でき、
また、道路管理上の瑕疵(かし)が認められた場合、道路管理者に請求する事が出来ます。

ここでいう
樹木の所有・管理者が責任を負うことになる瑕疵(かし)というのは、
「樹木として通常備えている安全性を備えていないこと」をいいます。

また、
道路管理者が責任を負う道路管理上の瑕疵(かし)というのは
「道路として備えているべき安全性が確保されていなかった場合のこと」をいいます。

それぞれ台風などの雨や風で枝が折れる危険性がある樹木が道路の近くにある場合、あらかじめ枝を切っていたか、その付近を通る人や車への注意を喚起していたか等、客観的に検討されることになり、認められれば所有者や管理者の責任が追及されます。



また、樹木の所有者、道路管理者の責任を追及できない場合でも、木の枝が落ちて車にキズが付いてしまった場合はご自身の車両保険が適用になりますので一度確認してみてください!

安全運転を常に心がけ事故に遭わないようにしましょう!





〒569-0855

大阪府高槻市牧田町7-54-110

TEL:072-693-1146

ひまわり鍼灸整骨院

URL:http://www.okada-takatsuki.jp/




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年9月21日 水曜日

路面凍結での事故

こんにちは。
高槻市牧田町のひまわり鍼灸整骨院です。
昨日、台風が大阪に接近して荒れた天気になりましたが
今日もスッキリしない天気が続いています。
そろそろ秋の訪れを感じる気温になってきて
冬の始まりを感じるようにもなってきました。
そこで今回は冬の路面凍結による事故について書きたいと思います。

よく大きな橋や気温が低い地域などで「路面凍結」「スリップ注意」などの
道路標識を目にすると思いますが実際にスリップしてしまうと大きな事故に繋がる危険性が高いです。
そこで車がスリップする前から事故への対策は必要になります。
車が凍結した道路で事故しない為には
①30km以下で走行
②スリップしても強くブレーキを踏まない
③スリップしたらハンドルは、むやみに回さない
④車間距離はいつもの3倍以上
⑤スタッドレスタイヤの装着
⑥いつもより早めに合図を出す
⑦急発進や急ブレーキは控える
などがあります。
その日の気温などでも滑りやすいかが変わり
比較的、温かい日の方がスリップしやすいそうです。

もし道路を走行中にスリップして車体が傾き
ブレーキを踏んで止まった際に後続車と衝突したら・・・
過失割合が普通の交通事故と違います。
その時の状況によっても変化しますが
前を走ってる車が4割、後続車が6割の過失割合となります。

事故を未然に防ぐ為にも凍結している路面には気をつけて
事故を防ぐ準備を怠らないようにしましょう!!

また、ひまわり鍼灸整骨院では交通事故によって生じた怪我も
治療する事ができます。
分らない事があったら気軽に聞いて下さい。
以上、ひまわり鍼灸整骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年9月16日 金曜日

雨の日による交通事故

雨の日による交通事故

こんにちは。
高槻市牧田町にあります、ひまわり鍼灸整骨院です。

最近患者様と台風よくくるなぁという話をする事があります。
先日も台風14号が台湾や中国で猛威を振るって甚大な被害を出しています。
また、来週にも台風16号が本州に上陸する予報が出ています。

台風になると激しい雨や風により晴天時より慎重に運転する必要があります。

雨の日に運転する時はどんな危険があるのでしょうか?




雨の日に運転する時にはこんな危険があります!

1.視界が悪くなる
 雨の日は視界が悪くなり、さらに雨の日の夜間はさらに悪くなる為、晴天時に比べて約7倍も事故が発生しています。 

2.スリップ
 速度が速いままカーブに進入したり、車を追い越す時、また濡れたマンホール等を超えようとした時にスリップしたりします。

3.歩行者の見落とし
 雨の日は視界が悪い為、特に夜間は歩行者や自転車を認識するのに遅れてしまう傾向があります。
 衝突するまで気が付かなかったというケースも中にはあります。



この様に雨の日に運転する事は事故に繋がる危険性が高くなるので十分な注意が必要になります。

車のワイパーゴムを定期的に取り換えたり
急操作をしない様に気を付けたり、
ブレーキングを早めに行う

といった対策をしかっりと取るようにしましょう。


来週は連休もあり車でどこかに出かける方も中にはいるかもしれません。
もし雨が降った場合は十分に気を付けて運転するように心がけましょう!





〒569-0855

大阪府高槻市牧田町7-54-110

TEL:072-693-1146

ひまわり鍼灸整骨院

URL:http://www.okada-takatsuki.jp/
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年9月 7日 水曜日

台風と交通事故

こんにちは。
高槻市牧田町の、ひまわり鍼灸整骨院です。
9月になり台風が連続で発生しております。
北海道や東北地方にも上陸して大変な被害が出ていますが
今回は台風が上陸した時に注意した方が良い事を書きたいと思います。

まず台風が接近したり上陸した時には
外へ出ないという事が最も安全な方法です。
しかし台風が来ても仕事には出ないとダメですし
1歩も外へ出ない事は無理だと思います。
ですので、台風で大雨や風が強い日に外で気を付けることは
①地下から水が冠水して地上に上がってくるので早めに地上へ出る。
②流れている水に近づかない。
大きく分けると、この2つです。

流れている水の中に足を踏み入れると
マンホールの蓋が開いていて落下するなどの危険があります。
台風の時は、いつもの道にも危険が隠れています。

車を運転中に台風が近付いて大雨や強風に襲われたら・・・
まずスピードを落としましょう!
それでも激しい雨で運転が困難な場合は、見通し良い広めの道路で
一時停止して雨が弱くなるのを待ちましょう。
この時にハザードランプを点けるのを忘れずに!

もし道路が冠水していて、その中に車で進入してしまったら・・・
冠水した道路へ車を進入させると車はエンストしてしまうので
車がエンストした場合には、すぐにエンジンを止めましょう。
そして車の外へ出る時は水の深さを確かめながら、ゆっくりと車外へ出ましょう。
台風が去って水が引いた後に、冠水していた車へ戻っても
すぐにエンジンをかけると故障や感電に繋がるので、専門の機関に連絡しましょう。

高速道路で台風などの大雨に襲われたら・・・
視界が悪くなって前方の車との交通事故が起こりやすいので
パーキングなどを見つけて避難してください。

このように台風の時は、様々な場所が危険になり交通事故も発生しやすくなります。
ドライバーの皆さんは、より一層安全運転に気を付けて走行してください。

以上、ひまわり鍼灸整骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30