ひまわり鍼灸整骨院

2016年6月29日 水曜日

梅雨と交通事故

こんにちは。
牧田町のひまわり鍼灸整骨院です!
とうとう大阪も梅雨に入って雨の日が多くなりました。
ドライバーの皆さんも天候が悪い中で運転する事が多くなったと思います。
そこで今回は雨の日に多い交通事故と原因について書かせていただきます。

まず雨の日に起こる交通事故の2大原因は
①スリップ事故
②「見えないこと」による事故
この2つだと言われています。

スリップ事故が起こる原因の75%は速度オーバーです。
スリップする場所で最も多いのはカーブで、水たまりの上も危険です。
雨の日に運転する時は、いつもの2割ほど速度を落として運転する事を心がけましょう!
追い越しや車線変更も急加速が必要になるので雨の日は出来るだけ避けましょう。

「見えないこと」による事故を具体的に表すと
・横断歩道上の歩行者を見落とす
・交差点を右折した際に対向車と衝突
・フロントガラスが曇っていて人や車に衝突
などがあります。

歩行者を見落とすのは夕方や夜間に多いのでドライバーの皆さんは
夕方~夜間の歩行者の見落としに注意してください。
雨の日は積極的にヘッドライトを点ける事によって事故も防止できます。

運転中に気を付ける事も多いですが、タイヤがすり減る事によって
スリップしやすくなるので、普段の車の点検も怠らないようにしましょう。
フロントガラスの掃除も曇りにくくする為に重要です。

このように雨の多い梅雨の時期は交通事故が多くなります。
雨の日は、いつもより危険が潜んでいる事を頭に入れながら運転してください。

また、ひまわり鍼灸整骨院では交通事故での怪我も治療しています。
何か分らない事があったら気軽に相談してください。

以上、ひまわり鍼灸整骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年6月22日 水曜日

雨の日には特に交通事故にならないように安全運転に気をつけましょう。

雨の日には特に交通事故にならないように安全運転に気をつけましょう。

こんにちは。高槻市牧田町にあるひまわり鍼灸整骨院です。

梅雨の時期になりましたが、梅雨になると雨の降る日が多くなります。
雨の日は、路面が濡れているのでとても滑りやすくなります。
路面が滑りやすくなると、運転している際にスリップを起こしやすくなり、
それによってハンドルがきかなくなり交通事故になる可能性が上がります。
濡れた路面を走行中にタイヤと地面の間に水が入り込み、ハンドル操作や
ブレーキが利かなくなるハイドロプレーニング現象が起こる可能性もあります。
運転中は急加速や急ブレーキは極力しないようにしましょう。
雨の日は運転中に雨のせいで前が見えにくくなり、それによって交通事故に
なる可能性もありますので安全運転にしてください。
これらの事に気をつけ、雨の日でも交通事故にならないように安全運転を
心がけましょう。

また何か、質問がありましたら高槻市牧田町にあるひまわり鍼灸整骨院に
ご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年6月22日 水曜日

雨の日には特に交通事故にならないように安全運転に気をつけましょう。

雨の日には特に交通事故にならないように安全運転に気をつけましょう。

こんにちは。高槻市牧田町にあるひまわり鍼灸整骨院です。

梅雨の時期になりましたが、梅雨になると雨の降る日が多くなります。
雨の日は、路面が濡れているのでとても滑りやすくなります。
路面が滑りやすくなると、運転している際にスリップを起こしやすくなり、
それによってハンドルがきかなくなり交通事故になる可能性が上がります。
濡れた路面を走行中にタイヤと地面の間に水が入り込み、ハンドル操作や
ブレーキが利かなくなるハイドロプレーニング現象が起こる可能性もあります。
運転中は急加速や急ブレーキは極力しないようにしましょう。
雨の日は運転中に雨のせいで前が見えにくくなり、それによって交通事故に
なる可能性もありますので安全運転にしてください。
これらの事に気をつけ、雨の日でも交通事故にならないように安全運転を
心がけましょう。

また何か、質問がありましたら高槻市牧田町にあるひまわり鍼灸整骨院に
ご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年6月15日 水曜日

交通事故の治療について

こんにちは。
高槻市牧田町の、ひまわり鍼灸整骨院です!

整骨院で事故の治療が出来るというのは、このブログでも紹介してきましたが
今回は病院(整形外科)と整骨院の治療の違いについて説明させていただきます。

まず病院では検査設備が充実しているのでレントゲンやMRIを撮って
痛みの原因を詳しく調べることが可能です。
病院での治療は痛み止めなどの投薬、牽引、光線療法などを行いますが
交通事故での、むちうち専用の治療はありません。

続いて整骨院では検査設備は有していないのでレントゲンを撮ることは不可能です。
しかし症状を確定は出来ませんが徒手検査によって原因を探す事は可能です。
整骨院では痛み止めの投薬も出来ません。
しかし国家資格を有した先生が手技による施術で患者様の痛みや症状に合わせた
治療を行う事が出来ます。

どちらが良いの?と思うかもしれませんが
まず病院へ行って、しっかりと診断してもらってから
その診断書を持って整骨院で治療してもらうというのが理想だと思います。
病院と整骨院を併用するのも可能なので心配することはありません。

具体的に鍼灸整骨院で行っている交通事故の治療の内容は
①電気を体に当てて血流を良くする
②手技(マッサージ)で傷んでる筋肉を緩めて、ほぐしてあげる
③むちうちには鍼灸治療で痛みを取ることも可能
④交通事故の衝撃で身体に歪みが出た場合には矯正で歪みを無くす
などがあります。

今まで交通事故に遭ってケガをしたけど
どこに行けば良いか分らないという方は気軽に、ひまわり鍼灸整骨院へ
ご相談ください。
電話での相談も承っております。

以上、ひまわり鍼灸整骨院でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年6月 8日 水曜日

交通事故が起こってしまう原因。

交通事故が起こってしまう原因。
こんにちは。高槻市牧田町にあるひまわり鍼灸整骨院です。

今回は交通事故で起こりやすい原因を言います。

最も多いのが、安全不確認です。交通事故全体の30%を占める原因が
安全不確認で、一時停止や減速したのにもかかわらず、十分な安全確認を
しなかった為に起こった事故の原因の事を言います。
標識のルールだけを見て、確認をしないで運転してしまい、交通事故につながって
しまいますので注意が必要です。

次いで多い原因は脇見運転です。脇見運転とは、前を見ずによそ見をしながら
運転することを言います。
運転中に携帯電話やカーナビを見たり、看板や建物を見たり、下に落ちた物を
拾った際に前を見ていないのが原因で起こりますのでこちらも注意が必要です。

その次に多い原因は動静不注視です。動静不注視とは、運転している際に
他の車が走行していた際に、あの車は止まってくれるだろう、あの車は右に
曲がるだろう、と判断してしまって事故が起こる原因の事を言います。
他の車の運転を軽視せずに運転するようにしましょう。

これらの事が交通事故を起こす多い原因になります。
どの原因もしっかりと安全運転していれば、起こる可能性が低くなりますので
安全運転を心がけましょう。

また何か質問がありましたら、高槻市牧田町にあるひまわり鍼灸整骨院に
ご相談ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30