いわふね岡田鍼灸整骨院

2016年12月14日 水曜日

飛び出し注意!!


こんにちは!!
いわふね岡田鍼灸整骨院です。

12月は事故が多くなるというデータが出るぐらい多いです。
車に限らず自転車事故、バイク事故などなど。


特に多いのが飛び出し事故です。
運転している最中に、いくら前を見ていても急に目の前に人や動物が出てきたら
瞬時にブレーキやハンドル操作が出来れば良いのですがみんながみんな
できるはずもなく、結局事故に至るケースが多いです。

幸い避けることが出来て事故にならなくても、急ブレーキをかけた際に
自分が怪我をしてしまう可能性が高いですね。
むちうち、挫傷、打撲など。


飛び出しには注意しましょうと言っていても、予知などできるはずないので
どう気を付けたらいいんだ!!という方は多いと思います。

広くて周りに建物がないところだと視界も良好で飛び出しなどに出会う確率は低いですね。
反対に、高い建物や入り込んだ道、薄暗い場所では視界も悪くなるので
特にそういった場所で運転する際は十分気を付けてください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 いわふね岡田鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年11月30日 水曜日

どっちが被害が大きい??


こんにちは!!
いわふね岡田鍼灸整骨院です。


突然ですが、皆さん車の運転中に事故に遭われた事がありますか?
そして、事故に遭った時は、後ろから追突されましたか?それとも正面から追突されましたか?

この間、患者さんからふと聞かれた質問があります。
「正面から来た車とぶつかるのと、後ろから車にぶつかられるのとでは、どっちが被害大きい?」

すぐ答えることが出来ませんでした。
なぜなら双方にはメリットとデメリットがあるので、どっちがと聞かれると迷ってしまいますね。


後方から追突された時のデメリットは、
不意打ちのため自分自身を守る手段がない。できない。

正面から衝突された時のデメリットは、
事故の衝撃で、フロントガラスが割れたりして破片が刺さってしまう恐れがある。


後方からの追突された時のメリットは、
座席の背もたれがあるので、仮にガラスが後ろから飛んできても壁となってくれて被害は小さくなる。

正面からの追突された時のメリットは、
前が見えている為事故に遭う前に自分で対処し、大きな被害を回避できる。自分を守れる行動が出来る。


他にもたくさんあると思いますが、ざっくりまとめると
これらが代表となる内容だと思います。


なんにせよ、事故に遭わないことが一番です。
これからの季節、寒くなってきて車を利用される方も増えてくるでしょう。
くれぐれも安全運転でお出かけください。





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 いわふね岡田鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年11月 9日 水曜日

寒くなってきました。


こんにちは!!
いわふね岡田鍼灸整骨院です(@^^)/

最近急に寒くなってきましたね。
外に出るのが憂鬱です(+_+)


冬になると、自転車や徒歩で通勤されている方は電車や車を利用したくなるでしょう。
そうなったら朝は車で混雑せざるを得ないでしょう。

朝は急いでいる方がほとんどですよね。
だからこそ少しでも早く着くようにスピードをあげてしまいがちです。

渋滞+スピードの出しすぎ

という事故を起こしやすい要素の塊です。


それに、渋滞の中焦りがでてしまい、前の人に追突してしまう玉突き事故など
被害が広がる可能性も高いです。
歩行者が信号を渡ろうとしているにも関わらず、よかれと思い行こうとして
歩行者を轢いてしまい、大変なことになってしまう事も。


朝は、皆さん急ぐ気持ちは一緒なのでどうしても冷静に運転する人は少なくなります。
その分事故も増えてしまいます。

なので、運転するなら十分気を付けて、気持ちも引き締めて運転してください。
それができないのなら運転はせず、電車や徒歩、自転車など利用して通勤してください。


もちろん気を付けるのは、歩行者も同じです。
いくら歩行者優先だからと言って無理に渡ったりすると危ないです。
相手は車なので、ぶつかられたりしたら怪我を負うのは歩行者側です。
十分周りを見て、歩くようにしてくださいね。






このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 いわふね岡田鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年11月 2日 水曜日

脇見運転の怖さ


こんにちは!!
いわふね岡田鍼灸整骨院です(/・ω・)/

今回は、車の運転中の脇見運転についてお話させて頂きます。


そもそも脇見運転とは、
他のことに気を取られた状態で車を運転する事で、特に前方から視線を外した状態で運転する事です。
皆さんも一度は経験があると思います。

少しぐらいよそ見したって大丈夫
と思う方が多いと思います。

ですが、時速60kmで走る車は1秒間に約17m進むとされています。
つまり、たった2秒間の脇見をするだけで約34mも進んでしまう事になるんです。
たった2秒間というと、少ないように感じますが、タバコに火を点ける時間が2秒ぐらいかかるので、
タバコに火を点けている間に約34mも進んでしまうことになります。

車からすると、34mというと一瞬のことに過ぎませんが、
歩行者側からすると、34mは20秒以上かかります。

そのたった一瞬のよそ見で、偶然その道を歩いている人を事故に巻き込んでしまう可能性はあります。
歩行者側からすると、とんだ災難です。


運転中でもよそ見をしなければならない事が起こる場合は、
まず止まってから作業をしてください。
あなたのその一瞬の気のゆるみが取り返しのつかないことになります。

自分自身も、相手の方も、そんな思いになってほしくないです。
しっかり責任もって運転をするようにしてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 いわふね岡田鍼灸整骨院 | 記事URL

2016年10月26日 水曜日

整骨院に来る前に


こんにちは!!
いわふね岡田鍼灸整骨院です!!

こちらの整骨院では交通事故に遭った際の治療を対応しています。
ですが、整骨院に来られる前に、患者さん自身にしていてほしいことがあります。


その①:警察に連絡しましたか??

交通事故に遭った際、加害者側が警察への連絡義務がありますが、事故の状況が複雑で
どちらが加害者か、どちらが被害者かわからなくなる場合が多く、トラブルにならないためにも
自分から積極的に警察へ連絡しましょう。


その②:診断書を書いてもらいましたか?

事故をしてから2週間以上たってから病院を受診すると、事故との因果関係が認められなくなる事があるため
出来るだけ早く受診しましょう。


その③:診断書を警察に提出しましたか?

交通事故に遭ったら、警察へ診断書を提出しなければなりません。
しかし、提出した診断書は返却してもらえませんので、原本を渡すのではなく
コピーを取ったものを渡すといいでしょう。


その④:保険会社に電話をしましたか?

整骨院に通うとなれば、被害者の方が損保会社に「〇〇整骨院で治療を受けます。」と伝えてください。
その後損保会社から通院する整骨院へ連絡がいきます。


以上の4つを確認してもらって、治療に来てください。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 いわふね岡田鍼灸整骨院 | 記事URL

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30