ひまわり鍼灸整骨院

2017年2月15日 水曜日

タイヤの磨り減りに注意!

こんにちは。
高槻市牧田町のひまわり鍼灸整骨院です。
2月も半ばになっていますが、まだまだ寒い日が続きそうです。
今回は車のメンテナンスの中でもタイヤの減りについて話したいと思います。

まずタイヤの磨り減りというのはタイヤの溝がなくなってしまうことです。
溝がなくなった状態で走り続けると
①雨の日などの濡れた路面でブレーキが効かない場合がある。
②ハンドルが効かなくなる場合がある。
という危険な状態になってしまいます。

新品のタイヤは深さ8mmの溝があります。
この溝が16mm(スリップサイン)になると法律的に使えなくなります。
タイヤの溝には注意しましょう!

一般の車はエンジンの動力を前輪で動かします。
ハンドルで方向を変えるのも前輪なので、後輪よりも前輪が早く減る事があります。

タイヤの外側だけ、内側だけ、真ん中だけ減っているという事がありますが
これはタイヤの空気圧が適正でない時に起こります。
こまめにタイヤの空気圧はチェックしましょう!
空気圧を適正に保ってもタイヤの磨り減りが偏る場合は、車のタイヤまわりのズレが考えられます。
4輪アライメント(タイヤまわりのズレを調整)を行う必要があります。

このように車のメンテナンスをする事で交通事故の防止になるので車のメンテナンスは行ってください。

以上、ひまわり鍼灸整骨院でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30