おかだ鍼灸整骨院ブログ

2016年10月26日 水曜日

過失割合について

こんにちは。京阪御殿山駅から徒歩一分、交通事故治療に強い、岡田鍼灸整骨院です。

今日は交通事故の際に発生する過失割合について説明したいと思います

まず過失割合とは、交通事故の際に、どちらに見落としや違反などの過失があったかを調べるものです。
割合は80:20や60:40などと表し、それぞれ下限は0、上限は100となります。
過失割合が大きい当事者は事故における加害者、過失割合が小さい当事者は被害者と呼ばれます。

ただ、被害者といえども過失があるケースが多いため、いくらかの損害賠償額を支払う義務が生じます。

例えばセンターラインを越えて事故してしまった車や、無灯火で走っていて事故をした車は過失割合が大きくなり、加害者となるケースが多いです。

車以外でも過失割合は当てはまります。
無灯火の自転車や二人乗りの自転車や、最近、多くなっているスマホを見ながら自転車を運転したり歩いていたりする人も交通事故を起こした場合、割合が大きくなります。

その他にも分からない事や事故でお困りの事があったら、岡田鍼灸整骨院までご相談くださいhappy01


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 おかだ鍼灸整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30