いわふね岡田鍼灸整骨院

2016年9月 7日 水曜日

交通事故が多い場所


こんにちは!!
いわふね岡田鍼灸整骨院ですhospital

今回は、交通事故が多発する場所についてお話させて頂きます。



最も事故が起こりやすいのはやはり交差点内です。

平成27年(2015年)交通安全白書によると、平成26年中の交通死亡事故発生件数を道路状況別に見ると、

1位:交差点内1,432件(35.7%)
2位:一般道路(交差点、カーブ、トンネル、踏切等を除いた道路形状)が1,307件(32.6%)
3位:カーブ592件(14.8%)
4位:交差点付近493件(12.3%)
5位トンネル・橋87件(2.2%)
6位:踏切・その他102件(2.5%)

となっています。


また、事故類型別死亡者事故発生件数では、

1位:人対車両(その他横断中)706件(17.6%)
2位:車両単独(工作物衝突)621件(15.5%)
3位:車両相互(出会い頭衝突)543件(13.5%)
4位:車両相互(正面衝突)384件(9.6%)
5位:人対車両(横断歩道横断中)320件(8.0%)

と続きます。



◇交通事故が発生しやすいポイント
•交差点
•見通しの悪い道路
•速度の出しやすい道路

上記の3つが交通事故の発生しやすい場所です。

交差点に関しては、言うまでもありません。
交差点は道が重なり交差する場所です。
信号で規制している交差点ですら、ちょっとした不注意や強引な運転が事故を招きます。

そもそも異なる方向に車が走る道が重なっているのですから、どうしても事故が発生してしまうのは仕方がないでしょう。



見通しの悪い道路というのも、交通事故が起こりやすい場所として定番だといえます。
曲がりくねった山道など見通しの悪い道はもちろんそうですが、一見道路自体は見通しが良くても
路地からいきなり子供が飛び出してくるような、生活道路も含まれます。

そしてスピードの出しやすい道路も、交通事故多発地帯として知られています。
速度の出しやすい道路というのは、郊外のバイパスや高速道路のような自動車専用道です。

こうした場所で事故が起きてしまうのはドライバー自身の未熟さや、うっかりミスが原因であることのほか、
雨や雪で滑りやすくなった路面状態のせいでも事故が発生します。


なので誰でも起こりうることなので、気を付けて運転を心がけてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 いわふね岡田鍼灸整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30