あやめ鍼灸整骨院のブログ

2016年8月17日 水曜日

交通事故の怪我で後遺症が残りやすい怪我

枚方市長尾駅から徒歩1分
あやめ鍼灸整骨院の大迫です。

交通事故の怪我で最も多いのは

頭部・顔面部の怪我だと言われています。
事故の勢いで頭や顔をぶつけてしまうことで起こる怪我が多いようです。

続いては首の怪我です。
これはムチウチと言われるものが多いですね。
事故の際の勢いで大きく首を振られることで起こると言われています。

その他腰や背中、足の怪我と続きます。


上記の怪我の中で

後遺症が残りやすい怪我があります。

それは首の怪我です。

いわゆるムチウチは手のシビレや感覚の異常、
首周りがすっきりしない症状が続くことが多いです。

事故当時、それほど症状が重くないと自己判断し、
満足に治療しないまま放っておく人が多いことも問題視されます。

交通事故に遭われた方で
後遺症が残る可能性が高いのは
「首の怪我」です。

もし被害に遭われて首を痛めてしまった方は
しっかり治すようにしましょうね!





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル