2016年4月13日 水曜日

交通事故での診断書の意味とは?

交通事故での診断書の意味とは?

こんにちは。高槻市牧田町にあるひまわり鍼灸整骨院です。
今回は交通事故での診断書の使う意味の説明をさせてもらいます。
まず、交通事故に遭ったら病院で検査を受けて自分の身体の状態を
確認します。
そこで、病院の先生に診断書を書いてもらいます。
診断書を警察に持って行って、警察に渡して人身事故になるように
しましょう。
そして、診断書を損保会社にも渡して、交通事故にあって怪我をした
ことにより病院や整骨院での治療費を出してもらう事もできます。
診断書は渡す事が多いのでコピーをして複数持っておくことを
お勧めします。
治療を行う病院を代わりたい場合でも診断書があれば代わった病院でも
スムーズに事が進むことが多いです。
診断書は簡単にいえば交通事故での怪我をしたと証明できるものなので
なくさず持っていて下さい。

また何か質問がありましたら高槻市牧田町にあるひまわり鍼灸整骨院に
ご相談ください。


投稿者 有限会社太洋メディカル