ひまわり鍼灸整骨院

2016年3月12日 土曜日

交通事故にあってから腰が痛い。安静にしておくべきですか?

こんにちは、高槻市牧田町のひまわり鍼灸整骨院です。

今日は交通事故にあってから腰が痛い。安静にしておくべきですか?
についてお話しします。

交通事故以外の患者様からも時々聞かれる質問ですが、これは、怪我を
されてからの期間によって、もちろん怪我の状態によっても答えが変わって
きます。
まず、事故直後に痛みが出ている場合、一般的には痛めている部分に
炎症が起きていると考えられます。
この場合は安静が必要です。炎症が起きている時に動き過ぎてしまう
と痛みが強くなってしまいますので、もし可能ならばトイレや食事など
必要最低限のこと以外は、しないでおくのがよいでしょう。
しかし、この加減も難しいです。なぜならば極端に動かずに"じっと"
していると、痛めている部分以外の筋肉が硬くなってしまい、それが
原因で動くと痛みが出ることがあるからです。
そして、事故からしばらくたって痛みが落ち着いてからは、少しずつ動く
ようにしましょう。しかし、痛みが落ち着いてきたときが一番気を付けなければ
いけません。ここで無理をすると、痛みがぶり返してしまいます。
動くというのは特別運動をすることではありません。日常生活の中で
掃除や洗濯などで十分です。
もし、少し運動をしたいと思うのであれば、まずは歩くことをおすすめします。
しかし、何時間も散歩をするようなことはしないでください。何事も加減が
大事です。
ご自分の状態を一番把握してくれているのは、受診している医療機関の先生です
ので、自分で判断せずにまずは先生に自分の状態を詳しく聞きましょう。
もしも、交通事故にあってからの腰痛でお困りのことがあれば、高槻市牧田町の
ひまわり鍼灸整骨院にご相談ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30