おかだ鍼灸整骨院ブログ

2016年2月20日 土曜日

示談金額、納得できますか?

こんばんわ 京阪御殿山駅から1分岡田鍼灸整骨院です

先日 弁護士特約を書かせてもらましたが、どんな時につかうの? とゆうこともあり書かせてもらいます。

今、現在事故通院中の方でも大丈夫です。示談していなければ。

加害者側の保険会社はあなたの味方を必ずしてくれるとはかぎりません。大多数の場合裁判所が認めている基準を下回る金額を
提示してきます。今から当てはまる方は一度弁護士に相談してもいいかもしれません。

1、保険会社が提示した示談金額の根拠がわからない
2、自分がわるくないのに過失があるとされてしまった
3、怪我が完全に治らなかったのに後遺傷害として認められていない
4、主婦だから休業損害はないと言われた
5、事故で受けた損害なのに事故と因果関係がないと言われている
6、自営業を営んでいるが、休業中の補償額が低すぎる

など・・・・・
まだまだ色々ありますが「あれ?」と思ったら弁護士に相談したほうがよいでしょうね。



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 おかだ鍼灸整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30