ひまわり鍼灸整骨院

2016年2月18日 木曜日

事故に遭って腰椎椎間板ヘルニアと言われました

こんにちは、高槻市牧田町にある、ひまわり鍼灸整骨院です。

今日は事故に遭って腰椎椎間板ヘルニアと言われましたについて
お話します。
事故に遭うと外部からの非常に強い衝撃によって様々な身体への
影響が出てきます。
腰椎椎間板ヘルニアというのは、字の通り腰で起こります。
簡単に言うと骨と骨の間のクッションが(この場合)強い衝撃に
よって飛び出てしまっている状態のことです。
それが飛び出てしまうと腰から出ている神経に触れて足にしびれや
突っ張り感が出てきます。
もし、事故にあってからそのような症状が出てきているのであれば、
腰椎(腰の骨のこと)椎間板ヘルニアの症状かもしれません。
ただし、このしびれや突っ張り感、腰の痛みなどは、椎間板ヘルニア
になっていなくても起こりえます。
強い衝撃を受けると、筋肉にも大きく影響が出ます。その時、筋肉に
力が入ってしまい、その結果血管が押されて血の流れが悪くなり、
長時間正座をした後のようなことが起きます。それが、しびれや突っ張り感、
痛みの原因です。この場合、筋肉を柔らかくするような治療を行えば、
症状は徐々に回復します。
椎間板ヘルニアの場合、病院では手術をすすめられることもありますが、
手術をしなくても回復する可能性もありますので、もし、事故に遭って腰椎
椎間板ヘルニアと診断されてお困りでしたら、一度当院にご相談下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30