あやめ鍼灸整骨院のブログ

2016年2月 6日 土曜日

もしも交通事故の加害者となってしまったら・・

こんにちは!
大阪府枚方市JR長尾駅より徒歩1分
あやめ鍼灸整骨院です!

段々と気候も温かくなりこれから
ちょっと遠出のご旅行を企画されている方も
多いのではないでしょうか?

車、バイク、自転車

普段、きちんとルールを守って乗っていれば
安全な乗り物も気のゆるみや
思いがけないハプニングによって
一瞬にして危険なものへと変わります。

今回はもしも交通事故の加害者になってしまったら
まず、どのような行動をとることが必要なのかについて
ご案内させて頂こうと思います!

道路交通法には
「交通事故があった時は、当該交通事故に係る
車両等の運転者その他の乗務員は、
直ちに車両等の運転を停止して、負傷者を救護し、
道路における危険を防止する等
必要な措置を講じなければならない。」
と記されています。

そして、
①負傷者の救護
②道路上の危険の除去
③警察への報告

この
3点が法律で定められています。

補足として
当事者となったとき
行なっておいた方がいいことは
事故状況を把握、記録しておくことです。
携帯電話やカメラなどを使っての撮影
目撃者の方がいれば氏名と連絡先を聞いておくことも
とても大切です。
その後、保険会社へ連絡しましょう。


交通事故を起こしてしまったときは
慌てず、なるべく冷静に
上記の内容を実践してくださいね。
負傷者の救護はもちろんですが
ご自身のお身体も怪我がないのか
しっかりと病院・整骨院をを受診し
必要な治療を受けて下さいね!
 

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル