たいよう鍼灸整骨院・忍ケ丘ブログ

2016年1月23日 土曜日

むち打ちの症状って?? その②

皆さんこんにちは
JR学研都市線 忍ケ丘駅 徒歩1分にある
たいよう鍼灸整骨院の川井田です。

前回の続きで今回もむち打ちについて書いていきます!!

まず初期治療として大切なのは
安静にすることと、患部を冷やすことです。

炎症を起こしているときは患部が熱をもっていますから
冷やすとそれだけ早く炎症が治まりますので
氷や保冷剤を使って、冷やすようにしましょう!!

炎症が治まったら、本格的な治療に入ります!!

初期に首を安静にしていたことで、筋肉や靱帯の損傷は回復しますが
代わりに柔軟性が失われてしまったり、自由に動けなくなっています
それを元通りにするために、マッサージなどを行います。

一般的にむちうち症はレントゲンやMRIに異常をきたさないので
周りの人からも「見た目は元気そうだけど・・・」などと言われてしまい
辛さをなかなか理解もらえなかったりします
当院では、そういった辛い症状の患者さんを何人も見てきましたので
一刻も早く治療する事が大事になってきます!!

交通事故の症状は後になるほど回復が遅れて
精神的にも辛くなるので後回しにせずに
まずは受診されることをおすすめします

また事故直後は気も動転しているために
なかなか体の状況を把握しにくいので
事故にあった場合は痛くなくても
念のために病院での検査してもらうようにして下さいね!





たいよう鍼灸整骨院
〒575-0003 四條畷市岡山東1-3-6
JR学研都市線 忍ケ丘駅 徒歩1分
TEL072-878-5587 電話予約受付中




このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル