いわふね岡田鍼灸整骨院

2015年11月18日 水曜日

交通事故にあった時のしなければならいこと

こんにちは!!
いわふね岡田鍼灸整骨院の阿野です(^^)v
ここ最近雨だらけでうんざりですね。

今日は交通事故に遭ってしまった場合のしなければならないことを紹介します。


①警察に連絡

基本的に交通事故に遭ったら加害者側が警察への報告義務があります。
ですが、事故が複雑でどちらが被害者でどちらが加害者なのか分からなくなってしまうと大変です。
その為にも積極的に自分から警察へ報告しましょう。

②病院へ受診して診断書を書いてもらう

事故日から2週間以上たってから受診すると、交通事故との因果関係が認められなくなります。
そうならないためには、できるだけ早めに受診しに行きましょう。

③診断書を警察署へ持っていく

ただし、提出した診断書は返却してもらえないので、その診断書が他の用途で必要ならば
コピーを取っておきましょう。
整骨院で治療を受ける場合は、診断部位を確認するために診断書のコピーを
取らせていただくのでお持ちください。


④保険会社に電話

整骨院で治療をされる場合、被害者側が相手の損保会社に「〇〇整骨院で治療を受けます」と伝えてください。
その後、損保会社から通院する整骨院へ連絡が行きます。



以上がしなければならないことです。

いわふね岡田鍼灸整骨院では、交通事故を取り扱っています。
気軽にご相談してください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 いわふね岡田鍼灸整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30