ひまわり鍼灸整骨院

2015年11月12日 木曜日

事故にあったが相手に逃げられてしまった

こんにちは、高槻市牧田町のひまわり鍼灸整骨院です。

今日は絶対にあってはならないのですが、事故にあって
相手に逃げられてしまった場合のお話をします。

交通事故にあわれた時、通常は相手(もしくはご自分)が
加入している自賠責保険や任意保険を使って怪我の治療を
しますが、もしも、自分が被害者で加害者が逃げてしまったり、
保険に加入していなかったりすると、自分が全てを負担しなくては
いけません。
明らかに自分が被害者なのにそれでは納得がいかないという方
もいらっしゃると思います。
そんな場合、被害者を救済するため政府保障事業という
制度があります。もちろん、被害者のための制度ですので、
加害者が政府保障事業を使うことはできません。
これは、健康保険や他の保険で支払っても被害者に損害
が残ってしまう場合に適用されます。
もし、ひき逃げや、相手が保険に加入していなくてお困りでしたら
この政府保障事業がご自分に適用されるのか一度調べてみる
と良いと思います。
政府保障事業についてはご自分が入られている損害保険会社に
問合わせてみて下さい。
また、交通事故のお怪我についてお困りのことがありましたら、
高槻市牧田町のひまわり鍼灸整骨院にご相談下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30