ひまわり鍼灸整骨院

2015年10月23日 金曜日

人身事故と物損事故

人身事故と物損事故

こんにちは。
高槻市牧田町にあります、ひまわり鍼灸整骨院です。

交通事故には「人身事故」と「物損事故」があります。

・人身事故・・・死傷者が出た場合の事故
・物損事故・・・死傷者がいなく、車や建物など損壊で済む場合の事故

になります。

人身事故の場合は加害者が任意保険に入っていなくても、自賠責保険によって被害者は最低限の補償をうけることができますが、物損事故として処理をされた場合は、あとから体に痛みが出てきても賠償請求ができない場合があります。

交通事故で加害者側から「賠償はするので物損事故にしてくれませんか?」と言われるケースを耳にしたことがあります。

なぜなら、人身事故では刑事処分を受けるからです。(罰金や減点等)
物損事故では刑事処分も行政処分も受けないので加害者側にとって有利になります。

物損事故にしてしまうと早期に通院を打ち切られたり、治療が長引いても後から損害賠償を請求できなかったり、後遺症が残っても逸失利益や慰謝料が支払われない可能性があります。

もし、物損事故で処理してしまっても早期に病院に行き(なるべく一週間以内に受診)、診断書を書いてもらい、警察署で人身事故に切り替えれば、自賠責保険で補償を受けることができますので早めに手続きを行いましょう。

お悩みの事がありましたら、高槻市牧田町にあります、ひまわり鍼灸整骨院に一度ご相談ください。

    


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 ひまわり鍼灸整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30