あやめ鍼灸整骨院のブログ

2014年7月19日 土曜日

夏の運転は3つのポイントで楽しく安全に!

夏休みには帰省やレジャーで車を長距離運転する方も多いでしょう。ドライバーも、同乗者も楽しく旅先に到着できるポイントを紹介します。

渋滞を楽しむ
最近サービスエリアや道の駅は規模が大きく店舗が充実しているので、予定に組み込んでゆっくりする。
おやつやゲームなどを用意し、同乗者とのコミニュケーションを楽しむ。但しDVD鑑賞は車酔いになりやすい。

渋滞を避ける
渋滞しやすい場所を確認し出発時間などを検討しておく。最近はホームページやアプリなどもある。
行楽地などに一番近いインターチェンジは渋滞しがち。1つ前のICで降りると避けられることも。

事故防止を心がける
暑い日はタイヤが破裂しやすいので、事前に点検・メンテナンスを。
夏は疲れやすいので1時間半に1回は休息を。ストレッチや体操でリフレッシュしたい。
眠気覚ましのガムなどを準備しつつ、眠い時に仮眠する。

短時間といえども車内の気温は急激に高まります。子供やペットを車内に待たせたり、破裂しやすい炭酸飲料の放置は厳禁です。同乗者もドライバーの気を遣い、渋滞にはまっても旅の計画を提案するなど、雰囲気を盛り上げたいですね!



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 有限会社太洋メディカル