いわふね岡田鍼灸整骨院

2012年4月25日 水曜日

スポーツ自転車に快適・安全にのるために

環境意識の高まりや東日本大震災による帰宅困難の影響で、スポーツ自転車で通勤する人が増えました。自転車通勤は健康増進にもなりますが、最近では走行中のトラブルも増えてきています。そこで快適・安全に走るためのポイントをご紹介しますbicycle

服装t-shirt

ヘルメット
転倒したときに頭を守るために必ず着用しましょう。

ウエア
通気性がよく、速乾性に優れている化繊素材のものが、汗を吸収し蒸れにくいのでおススメです。

パンツ
長時間乗る場合は、お尻が痛くならないよう、パットが入った競技用のものがおススメです。

手袋
手のまめや痛み、汗で手が滑るのを防ぎます。

ソックス
靴擦れ予防や汗対策のため必ず履きましょう。

交通ルール・マナーbicycle
☆自転車は車道の左端通行が原則です。自転車通行可の歩道では車道寄りを徐行しましょう。

信号無視、飲酒運転はもちろん、携帯電話を使ったり、イヤホンなどで音楽を聞きながらの運転、ブレーキのない自転車、
夜間の無灯火などは道路交通法違反だ罰則があります。

☆人が多い歩道では自転車から降りる、横一列で走らないなど、歩行者の迷惑にならないように心がけましょう。

○ 走り始めは少し寒いくらいでも走っているうちに快適になってきます。

スポーツ自転車は思った以上にスピードがでます。ルールとマナーを守りましょう。happy01


このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 いわふね岡田鍼灸整骨院

カレンダー

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30